J1:バーコードリーダー入力式出退表示盤 タイムレコーダーと連動

J1:バーコードリーダー入力式出退表示盤 タイムレコーダーと連動
■特長

現在お使いのタイムレコーダーと連動させて、社員の出退勤状況が、事務所で管理できます。
現場と事務所が離れていたり、交代勤務制の職場に適しています。

■仕様

①バーコードリーダーは上図のようにタイムレコーダーにカードを差し込む位置に合わせて取り付けてください。
 タイムレコーダーの種類によっては取り付け方が上図と異なる場合があります。
②バーコードをタイムカードに貼り付けてください。
③バーコードが汚損・損傷などしてバーコードが読み取れない場合は再発行の必要があります。
④コントローラーをバーコードリーダーの近くに、表示盤は事務所などに設置し専用ケーブルにて接続します。
 コントローラー・表示盤双方に電源が必要です。

■使用方法

①出勤・退勤時に、従来と同様にタイムカードをレコーダーに通してください。
 その際タイムカードにバーコードを貼り付けてあるものを使用してください。
②バーコードリーダーが読み出した社員番号のデータに基づいて、表示盤の各ランプが点灯・消灯し出社・退社の状況が表示されます。

詳細などについては、是非お問い合わせください。

カタログはこちらから

お問い合わせは・・・ TEL:082-238-7810  FAX:082-238-7066  メール:info@singsys.jp